カーシェアは買い物用、レンタカーは旅行用

車を購入すると大きな予算が必要ですし、駐車する場所も確保しないといけないです。

都会では月極駐車場の料金も結構高く、マイカーを持つと経費が何かと掛かってしまいます。

 

そこで最近ではカーシェアリングやレンタカーをご利用される方が増えてきました。

 

カーシェアリングとは登録された複数の方を対象にカーステーションにある車を共同で使用する仕組みのことを言います。

レンタカーはレンタカー会社でご用意されている車をレンタルして使用する仕組みのことを言います。

どちらも複数の方がご利用されるわけですが、どちらかと言うとカーシェアリングのほうが短時間でのご利用を想定しています。

そのためレンタカーの料金よりカーシェアリングの料金のほうが安いメリットがあります。

 

レンタカーはご利用した後にガソリンを満タンにしてから返却することが必要で、ガソリン代をご利用者が負担しています。

しかしカーシェアリングではガソリン代込の料金になっていて、ガソリン代を考えてもお得です。

 

カーステーションがある場所は時間貸駐車場、マンション駐車場、コンビニ駐車場、駅などたくさんあります。

カーシェアリングにもよりますが月額料金が基本なのでご利用ごとにお支払いする手間も無いです。利用料金や距離料金が必要な場合もあります。

 

その代わりにレンタカーと違ってご利用した時にガソリンが満タンになっていないことがあります。

レンタカーでは借りた営業所と違う営業所で返却ができるところもありますが、カーシェアリングでは出来ない事が多いです。

 

買い物など普段使いはカーシェアリングで、旅行ではレンタカーと使い分けされると良いです。

カーシェアリングとレンタカーの違いとは!

車を所有していない人が車を利用する際に利用していたレンタカー。

しかし、そんな車の利用の仕方に最近、カーシェアリングと言う方法が加わりましたよね。

 

では、実際、この2つには違いがあるのかと言うと全く違うものになってくるのです。

 

レンタカーは基本的に、一日単位、8時間ほどの契約で車を借りる事から始まります。毎回、お店に行き、契約書などの記載も必要になってきます。

その反面、カーシェアリングの場合は、基本的に来店は、初めて契約する時のみ。一度、会員登録を済ませればお店に行く必要はなくなります。

しかし、会員になるためには、毎月、会費を支払う必要があります。

ここが、使う時だけお金を払うレンタカーとの大きな違いの一つになってきます。

 

また、レンタカーとカーシェアリングの違いは、利用する時間を細かく選択する事ができるところです。

少しの買い物で利用したい場合は、15分単位から車に乗る事も可能です。

 

また、24時間単位でも車に乗ることもでき、用途に合わせて色々とプランを使い分ける事ができます。

毎回の利用方法も、ネットなどで車の空きを確認し予約すればOK!その後、利用する時間に車の場所に行けば利用する事ができます。

 

そんなカーシェアリングとレンタカー。

大きな違いは、カーシェアリングの場合、利用しない月でも会費を支払う必要があると言うところ。

 

また、旅行などで長時間、車に乗る場合は、カーシェアリングよりレンタカーの方が割安になる場合もあります。

その反面、カーシェアリングの場合は、少しの時間から気軽に車を借りる事ができ、とても便利に利用する事ができるのです。

短距離短時間のカーシェアリング、長距離長時間のレンタカー

カーシェアリングとレンタカー、どちらも車を借りるという点では同じように思えますが実はかなり使い勝手が違います。

 

レンタカーの特徴

 

レンタカーの形態は多くの方がイメージしやすいでしょう。

店舗に出向いて時間を決めて借り、時間になったら返しに行きます。支店の豊富な会社であれば、行き先近くの店舗へ返すということも可能です。

 

車は、ユーザーが借りてない間はレンタカー会社が保管・保守することになります。

車が出払ってない限りはお店に行けば借りられますし、車のコンディションもきちんと会社が整えた上で貸し出してくれます。

 

カーシェアリングの特徴

 

一方でカーシェアリングという形態は、かなりユーザー任せな部分があります。

会員登録のときにはお店に行かなければなりませんが、以後は必要ありません。

無人のステーションが各所にあり、ユーザーはそこで借りてそこへ返すという形になります。

 

借りるためにはあらかじめネット等でその車の予定が空いていることを確かめ、予約を入れておきます。

その時間になったら車に会員カードをかざすと、ネットワーク管理された車は会員ナンバーと予約情報を読み取り施錠が外れるという仕組みです。

給油や清掃はユーザー同士の善意によって成り立ってる部分があり(費用は備え付けの給油専用カード等で賄います)、シェアリングの名の通り、皆で車を共有して使っていく感覚になります。

 

カーシェアリングの車はあくまで場所に依存するため、皆が使いたいような曜日・時間には予約が一杯で取れないということが起こりがちです。

レンタカーでは休日で1台も無いということはあまり起こりませんし、事前に予約しておけば万一店舗になくても系列店から手配して持ってきてもらえたりします。

 

料金的には、カーシェアリングでは分単位でのコースが設定されていることが多く、短時間からの利用が可能です。

レンタカーは最低6時間からであることが多いため、ちょっとした足代わりに使うには無駄が多くなりますが、長時間の利用ではカーシェアリングよりもお得になります。

 

ちょっとした移動や買い物などにはカーシェアリング、休日のじっくりドライブにはレンタカーを借りるという使い分けがおすすめです。

維持費が掛からなく車を乗る方法

維持費が掛からなく車を乗る方法に「カーシェアリング」と「レンタカー」の2つがあります。

 

カーシェアリングとレンタカーは共に時間で料金が発生するシステムですが、カーシェアリングの場合にはガソリン代が料金に含まれていて、レンタカーには含まれていません。

これによってカーシェアリングは常に走っている時に使ったりするドライブに良く、レンタカーは買い物に行って一日中店内で買い物で楽しむ時に良いでしょう。

他にもレンタカーは6時間が最低使用時間であるので、長く使う時にはレンタカーで6時間よりも短時間の場合にはカーシェアリングという使い方もできます。

更にカーシェアリングはネット予約とカードで出来るので、最初の手続きさえ終わっていれば誰にも会う事無く出来るので便利な部分もあります。

 

また、カーシェアリングの場合には車は元に戻す必要がありますが、レンタカーの場合には店舗に戻す以外にも乗り捨ても可能なのです。

借りた店舗以外の店舗でも借りられる為に、自宅近くにすぐに戻らない場合にはレンタカーは優位に働きます。

しかしカーシェアリングは店舗数がレンタカーに比べて多いので、途中で車を借りたい時などに便利です。

最初に車に乗って途中で乗り換える時にはレンタカー、最初は電車などを使い、その後に車に乗りたい場合にはカーシェアリングが良いでしょう。

カーシェアリングとレンタカーには共に良い使い方があるので、使い方次第で使い分ける事によって効率的に車に乗る事が出来るようになります。

カーシェアリングとレンタルカーはどんな時に使うといいのか

カーシェアリングとレンタカーの使い分け方

 

自分で車を所有していると、駐車スペースの問題や駐車料金、車検代などさまざまな費用がかかります。

車を頻繁に使うのならよいですが、ちょっとした買い物、ドライブなどにしか使わない場合は不経済です。

そこで役立つのがカーシェアリングやレンタルカーです。

それぞれどのように使うとよいのでしょうか。

 

大型ショッピングモールへの買い物に

 

郊外の大型ショッピングモールへの買い物や重いものを買って持ち帰るときなどは、カーシェアリングを使うと便利です。

会社によって違いますが、15分程度から借りることができます。

ちょっとした買い物なら1時間もしないで終わると思います。

そんなちょっとした買い物のときには、分単位で借りられるカーシェアリングが向いています。

 

長期利用には

 

旅行など長期間利用する場合はレンタルカーがおすすめです。

長期の場合はカーシェアリングよりも安いです。

カーシェアリングは土日は借りにくいことがあるのですが、レンタルカーなら借りることができます。

 

好きな車に乗りたいときは

 

カーシェアリングは小型車種が中心です。

種類が少なく乗りたい車に乗れないことがあります。

レンタルカーは車種が豊富、あこがれのこの車に乗りたいというとき、ちょっと借りて乗ることができます。

 

ドライブには

 

数時間のドライブであればカーシェアリングがおすすめです。

レンタルカーよりも費用を抑えられます。

店舗に行かずに借りられて、思い立ったときにドライブができます。

 

このように使い分けるとお得に車を利用できます。

レンタカーの契約時間は基本的に3種類

普段は車は利用しないけれども、たまに買い物やドライブ、お友達とランチに行くために車を使いたいと思う人はとても多いと思います。

また、あまり車を使用しないので、車を購入してしまうと車検やガソリン代など維持費がかかってしまい無駄になってしまうので何かいい方法がないのかと考えている人もいると思います。

 

こんなときには、自分が使いたいときに車を使うことができるレンタカーとカーシェアリングを利用するという方法があるのですが、どちらがお得で、どのように使い分けるといいかを検討していきたいと思います。

 

まず、レンタカーですが、基本的には6時間、12時間、24時間というような時間を決めてレンタルするものです。

 

価格帯は、借りるレンタカー会社によって異なりますが、格安レンタカー会社でレンタルすると6時間で2000円から3500円ぐらいでかなり安くレンタルすることができます。

しかし、前日までに予約をしなければららない場合が多く、急に車を使いたくなった場合にすぐ借りることができないのが難点です。

 

他方、カーシェアリングは、車があればいつでも使用することができ、急に車が必要になった場合にも融通がききます。

また、料金も15分数百円で借りることができる場合が多く、非常に短時間の車のレンタルができるので便利です。

しかし、長時間カーシェアリングで車を使用してしまうと、レンタカーよりも使用料金がかかってしまう場合があります。

 

以上のことを考慮すると、お友達とのランチなど事前に車を使う予定がわかっている場合はレンタカーで車を借り、買い物など急に車を使うことになった場合はカーシェアリングで車を借りるといった使い分けをするといいと思います。