レンタカーの契約時間は基本的に3種類

普段は車は利用しないけれども、たまに買い物やドライブ、お友達とランチに行くために車を使いたいと思う人はとても多いと思います。

また、あまり車を使用しないので、車を購入してしまうと車検やガソリン代など維持費がかかってしまい無駄になってしまうので何かいい方法がないのかと考えている人もいると思います。

 

こんなときには、自分が使いたいときに車を使うことができるレンタカーとカーシェアリングを利用するという方法があるのですが、どちらがお得で、どのように使い分けるといいかを検討していきたいと思います。

 

まず、レンタカーですが、基本的には6時間、12時間、24時間というような時間を決めてレンタルするものです。

 

価格帯は、借りるレンタカー会社によって異なりますが、格安レンタカー会社でレンタルすると6時間で2000円から3500円ぐらいでかなり安くレンタルすることができます。

しかし、前日までに予約をしなければららない場合が多く、急に車を使いたくなった場合にすぐ借りることができないのが難点です。

 

他方、カーシェアリングは、車があればいつでも使用することができ、急に車が必要になった場合にも融通がききます。

また、料金も15分数百円で借りることができる場合が多く、非常に短時間の車のレンタルができるので便利です。

しかし、長時間カーシェアリングで車を使用してしまうと、レンタカーよりも使用料金がかかってしまう場合があります。

 

以上のことを考慮すると、お友達とのランチなど事前に車を使う予定がわかっている場合はレンタカーで車を借り、買い物など急に車を使うことになった場合はカーシェアリングで車を借りるといった使い分けをするといいと思います。