カーシェアは買い物用、レンタカーは旅行用

車を購入すると大きな予算が必要ですし、駐車する場所も確保しないといけないです。

都会では月極駐車場の料金も結構高く、マイカーを持つと経費が何かと掛かってしまいます。

 

そこで最近ではカーシェアリングやレンタカーをご利用される方が増えてきました。

 

カーシェアリングとは登録された複数の方を対象にカーステーションにある車を共同で使用する仕組みのことを言います。

レンタカーはレンタカー会社でご用意されている車をレンタルして使用する仕組みのことを言います。

どちらも複数の方がご利用されるわけですが、どちらかと言うとカーシェアリングのほうが短時間でのご利用を想定しています。

そのためレンタカーの料金よりカーシェアリングの料金のほうが安いメリットがあります。

 

レンタカーはご利用した後にガソリンを満タンにしてから返却することが必要で、ガソリン代をご利用者が負担しています。

しかしカーシェアリングではガソリン代込の料金になっていて、ガソリン代を考えてもお得です。

 

カーステーションがある場所は時間貸駐車場、マンション駐車場、コンビニ駐車場、駅などたくさんあります。

カーシェアリングにもよりますが月額料金が基本なのでご利用ごとにお支払いする手間も無いです。利用料金や距離料金が必要な場合もあります。

 

その代わりにレンタカーと違ってご利用した時にガソリンが満タンになっていないことがあります。

レンタカーでは借りた営業所と違う営業所で返却ができるところもありますが、カーシェアリングでは出来ない事が多いです。

 

買い物など普段使いはカーシェアリングで、旅行ではレンタカーと使い分けされると良いです。