カーシェアリングとレンタカーの違いとは!

車を所有していない人が車を利用する際に利用していたレンタカー。

しかし、そんな車の利用の仕方に最近、カーシェアリングと言う方法が加わりましたよね。

 

では、実際、この2つには違いがあるのかと言うと全く違うものになってくるのです。

 

レンタカーは基本的に、一日単位、8時間ほどの契約で車を借りる事から始まります。毎回、お店に行き、契約書などの記載も必要になってきます。

その反面、カーシェアリングの場合は、基本的に来店は、初めて契約する時のみ。一度、会員登録を済ませればお店に行く必要はなくなります。

しかし、会員になるためには、毎月、会費を支払う必要があります。

ここが、使う時だけお金を払うレンタカーとの大きな違いの一つになってきます。

 

また、レンタカーとカーシェアリングの違いは、利用する時間を細かく選択する事ができるところです。

少しの買い物で利用したい場合は、15分単位から車に乗る事も可能です。

 

また、24時間単位でも車に乗ることもでき、用途に合わせて色々とプランを使い分ける事ができます。

毎回の利用方法も、ネットなどで車の空きを確認し予約すればOK!その後、利用する時間に車の場所に行けば利用する事ができます。

 

そんなカーシェアリングとレンタカー。

大きな違いは、カーシェアリングの場合、利用しない月でも会費を支払う必要があると言うところ。

 

また、旅行などで長時間、車に乗る場合は、カーシェアリングよりレンタカーの方が割安になる場合もあります。

その反面、カーシェアリングの場合は、少しの時間から気軽に車を借りる事ができ、とても便利に利用する事ができるのです。