手持ち無沙汰になった中古バイクは買取業者に売却して新生活の資金にしてしまうほうがお得!

引越しで中古バイクを手放す場合は、下手に廃車やオークション出品してしまうよりも、どうせなら手続きコストが安く済む買取で利益を得て同じバイク愛好家のライダーに引き続き乗ってもらうほうが納得のいく処分がしやすいです。

 

中古バイクを買取業者に売却するメリットは、ボディーに些細なキズやへこみなどがあっても持ち込み査定の対象になり、少なくとも纏まった金額が手に入る点です。
もし自分が乗ってたバイクの車種が今も需要があれば、購入時と同等か半額以上の金額で買い取ってもらう事もできますし、新品同様に殆ど汚さずに乗ってたなら、予想以上のプレミア級の高価格がつくかもしれません。

 

ちなみにバイク買取に出す先の業者選びは、わざわざ各店舗に足を運んで査定金額を調べてもらう必要はなく、引越し会社を探す時と同じようにネットの一括見積りポータプルサイトを利用する事で一番高く売れる買取店舗を一発で見つける事ができます。

 

尚、気になる汚れやキズが車体にある場合は、査定前に自分でメンテナンスしてしまう人もいますが、逆に修理代がかさむデメリットが生じるので、なるべく当時乗っていた状態そのままで買取に出したほうがコストを抑えられます。

 

又、バイクを改造してドレスアップしてる場合は、逆に使い勝手が悪いと一般受けしない恐れもあるので、原則として購入した当時と同じ状態に戻しておくのがマナーになります。
買取ですが、基本的に自賠責保険証と自動車の検査証、身分証明書を一式揃えて提出する事で初めてバイク売却ができますから、期日に余裕を持って準備しておくのがお勧めです。