レンタカーとカーシェアリングの特徴の違い

カーシェアリングとレンタカー、どちらも車を借りるという点では同じように思えますが実はかなり使い勝手が違います。

 

レンタカーの特徴

 

レンタカーの形態は多くの方がイメージしやすいでしょう。

店舗に出向いて時間を決めて借り、時間になったら返しに行きます。支店の豊富な会社であれば、行き先近くの店舗へ返すということも可能です。

 

車は、ユーザーが借りてない間はレンタカー会社が保管・保守することになります。

車が出払ってない限りはお店に行けば借りられますし、車のコンディションもきちんと会社が整えた上で貸し出してくれます。

 

カーシェアリングの特徴

 

一方でカーシェアリングという形態は、かなりユーザー任せな部分があります。

会員登録のときにはお店に行かなければなりませんが、以後は必要ありません。

無人のステーションが各所にあり、ユーザーはそこで借りてそこへ返すという形になります。

 

借りるためにはあらかじめネット等でその車の予定が空いていることを確かめ、予約を入れておきます。

その時間になったら車に会員カードをかざすと、ネットワーク管理された車は会員ナンバーと予約情報を読み取り施錠が外れるという仕組みです。

給油や清掃はユーザー同士の善意によって成り立ってる部分があり(費用は備え付けの給油専用カード等で賄います)、シェアリングの名の通り、皆で車を共有して使っていく感覚になります。

 

カーシェアリングの車はあくまで場所に依存するため、皆が使いたいような曜日・時間には予約が一杯で取れないということが起こりがちです。

レンタカーでは休日で1台も無いということはあまり起こりませんし、事前に予約しておけば万一店舗になくても系列店から手配して持ってきてもらえたりします。

 

料金的には、カーシェアリングでは分単位でのコースが設定されていることが多く、短時間からの利用が可能です。

レンタカーは最低6時間からであることが多いため、ちょっとした足代わりに使うには無駄が多くなりますが、長時間の利用ではカーシェアリングよりもお得になります。

 

ちょっとした移動や買い物などにはカーシェアリング、休日のじっくりドライブにはレンタカーを借りるという使い分けがおすすめです。

カーシェアリングとレンタカーの使い分け方

 

自分で車を所有していると、駐車スペースの問題や駐車料金、車検代などさまざまな費用がかかります。

車を頻繁に使うのならよいですが、ちょっとした買い物、ドライブなどにしか使わない場合は不経済です。

そこで役立つのがカーシェアリングやレンタルカーです。それぞれどのように使うとよいのでしょうか。

 

大型ショッピングモールへの買い物に

 

郊外の大型ショッピングモールへの買い物や重いものを買って持ち帰るときなどは、カーシェアリングを使うと便利です。

会社によって違いますが、15分程度から借りることができます。

ちょっとした買い物なら1時間もしないで終わると思います。

そんなちょっとした買い物のときには、分単位で借りられるカーシェアリングが向いています。

 

長期利用には

 

旅行など長期間利用する場合はレンタルカーがおすすめです。

長期の場合はカーシェアリングよりも安いです。

カーシェアリングは土日は借りにくいことがあるのですが、レンタルカーなら借りることができます。

 

好きな車に乗りたいときは

 

カーシェアリングは小型車種が中心です。

種類が少なく乗りたい車に乗れないことがあります。

レンタルカーは車種が豊富、あこがれのこの車に乗りたいというとき、ちょっと借りて乗ることができます。

 

ドライブには

 

数時間のドライブであればカーシェアリングがおすすめです。

レンタルカーよりも費用を抑えられます。

店舗に行かずに借りられて、思い立ったときにドライブができます。

 

このように使い分けるとお得に車を利用できます。